保険に加入して節税対策をしよう【人気商品の特徴を紹介】

示談サービスもあります

自転車

高額賠償が増加しています

自転車を運転していて、歩行者や他の自転車に乗車している人に対して、怪我をさせるような事故が増加しています。そのような事故に備えることができるのが自転車保険です。自転車で他人に怪我を負わせたり、最悪の場合は死なせたりすると、高額の賠償を求められることが少なくありません。被害者と加害者との過失割合によって賠償する金額は増減しますが、基本的に加害者の責任が重くなります。自転車保険はそのような事故に備えるものであって、少額の保険料で億単位の大きな賠償責任に備えることができます。自転車保険を自動車保険の特約として付帯することによって、示談サービスを受けられるケースが多いです。自動車保険には弁護士による示談サービスが付帯している商品が一般的であり、加害者と被害者との間の金銭的な問題を民事裁判外で解決してくれます。自転車保険についても同様であって、示談サービスが付帯している自動車保険の特約であれば、事故の原因が自動車ではなく自転車であっても、弁護士が被害者との示談を進めてくれます。万一の自転車事故において、被害者との示談を自分ですることは時間的にも体力的にも負担が大きく、弁護士に任せられるのであれば負担は大きく軽減できます。自転車は車であるとの認識が高まっており、事故を削減するための取り組みも増加していますが、万一の事故の際には高額な賠償責任を負うリスクも高まっています。自転車保険への加入を自転車通勤の条件にしている企業が増えています。

Copyright© 2018 保険に加入して節税対策をしよう【人気商品の特徴を紹介】 All Rights Reserved.