保険に加入して節税対策をしよう【人気商品の特徴を紹介】

女性

インターネットが便利です

海外旅行保険の比較サイトは保険料と補償内容を比較できて便利です。海外旅行保険はインターネットで加入することで保険料が割安になることが多いです。クレジットカードに自動付帯している海外旅行保険は補償内容を十分に確認する必要があります。

男女

適切な家計について知る

共働き家庭でも家計診断の必要性は高いです。プロにより現状の家計を見てもらうことで、現在の家計が適切な状態か確かめることができます。単に理想的な数値に近いかだけでなく、家庭ごとの違いもふまえてチェックしてくれます。また意識改革につながる可能性があることもメリットです。

自転車

示談サービスもあります

自転車保険は個人賠償責任保険の一つであって、自動車保険の特約として加入すれば、万一の際の示談サービスを受けられることもあります。自転車による事故が増加していますので、自転車保険の加入者も増加傾向にあります。

家

住宅建築のための保険

住宅を新築する際に、瑕疵が気になるものですが、万が一という時にしっかりと対応してくれる保険があります。住宅瑕疵担保責任保険がそれです。消費者を守ってくれる保険について、より詳しい知識を得る事も必要ではないでしょうか。

ウーマン

留学が決まったら加入する

海外留学時に病気になったり、盗難に遭ったりすることがあります。そんな時のために、留学保険に加入しておきましょう。特に医療関係の保険は海外で病院にかかった時に加入しておくと安心です。様々なプランがあるので比較してみましょう。

全損商品が人気です

男性

実質返戻率が重視されます

法人が契約する節税対策の生命保険は、保険料の全額が税務上の損金即ち経費になる商品が人気です。そのような商品は一般的に全損商品と呼ばれており、保険料の半額が税務上の損金になる半損商品と呼ばれる商品と比較すると、近年では契約件数が大幅に増加しています。節税対策の生命保険商品は解約した際の解約返戻金の戻り率が高く設定されています。解約返戻金の支払い保険料累計額に対する比率を戻り率あるいは返戻率などと呼びますが、その率が8割前後の商品が広く節税対策に利用されています。全損商品では保険料の全額が税務上の損金になりますので、それだけ利益を圧縮できます。利益が減れば税金の負担が少なくなります。税金の負担が少なくなった金額を支払う保険料から差し引いて、その金額と支払い保険料の累計額とを比較するのが実質返戻率になります。この実質返戻率が節税対策では重視され、その率が高い方が節税効果が高いと言えます。節税対策の生命保険は法人税率を加味した実質返戻率を税理士に依頼して計算してもらうことで、その節税金額が明確になります。全損商品に人気が集まるのは、この実質返戻率が高いことが理由になります。死亡保障などの保険としての機能もありますが、契約する目的は節税対策であって、解約返戻金の返戻率が高い時点で解約することが前提になっている契約です。保障内容よりも節税効果である実質返戻率を重視して契約するケースがほとんどです。

Copyright© 2018 保険に加入して節税対策をしよう【人気商品の特徴を紹介】 All Rights Reserved.