保険に加入して節税対策をしよう【人気商品の特徴を紹介】

住宅建築のための保険

家

もしもに備えて

安心して、住まいを新築したいという場合、やはり気になってくるのが、住宅の欠陥です。瑕疵がある場合に泣き寝入りする必要がないように、最近では住宅瑕疵担保責任保険というものがあります。この住宅瑕疵担保責任保険というものは、工事に対する保険制度です。工事施工中や施工後に、しっかりとチェックして万が一おかしな部分があれば是正することができます。補修費用が業者に支払われるため、その費用を利用してしっかりと補修を行えるという事になりますので安心につながります。とはいえ、業者が万が一倒産という場合も考えられますが、その場合には新築住宅の発注者や購入者に保険金が支払われる為、安心です。保険期間は住宅引き渡しから10年間もあります。また、気になるのは保険の申し込みについてです。実はこの住宅瑕疵担保責任保険は、業者が加入する事となっています。最近では多くの業者が加入しているとされていますが、やはり新築を購入、発注する立場かた考えれば、業者任せにするのは心配があるのではないでしょうか。その為、新築住宅を建設する前には、業者が瑕疵保険に加入しているかどうかチェックしてから契約を行うという事も重要です。宅建業者は、購入者に説明をする事が、住宅瑕疵担保履行法によって義務づけられているので、確認を行うことはなにも問題ありませんので、積極的に確認を行いましょう。消費者を守る保険でもあるので、万が一に対応するものとして積極的に知識を得ることも必要です。

Copyright© 2018 保険に加入して節税対策をしよう【人気商品の特徴を紹介】 All Rights Reserved.